データ肥大時代に対応するPC周辺機器

データ肥大時代に対応するPC周辺機器

データ肥大時代に対応するPC周辺機器

最近デジカメなどの高解像度、高画質化に伴い、動画や写真のデータ量が肥大化しています。ビデオを同じ時間、写真を同じ枚数撮っても以前の感覚よりかなりデータ量が増大している事に気づくでしょう。もしかすると長年取りためたデータでパソコンのハードディスが既にいっぱい、なんてことがあるかも知れません。そんな年々増え続けていくデータをどう扱ったらよいのでしょうか。

パソコンからデータを外部に出して保存するといえば、DVD-Rなどの光メディアに書き込んで保存する方法があります。ドライブは大抵内蔵されていますから、見た目にもすっきり。ディスクだけ準備すればデータをどんどん移してゆけます。ただし、光メディアは1枚あたりの容量が少なく、大容量のハードディスクからの書き出しは大変な作業になります。

そのような状態までなってしまったら、PC周辺機器で選ぶのは外付けのハードディスクです。最近では大容量で安価なものも増えてきました。使い方は簡単です。USB端子に繋ぐだけでハードディスクが使えるようになります。繋いだままで常に使うのは困難なため、よく使うデータはPC内蔵に入れ、低頻度で使うデータは外付けハードディスクに入れるようにするとよいでしょう。

Copyright (C)2015データ肥大時代に対応するPC周辺機器.All rights reserved.